「半沢直樹」第3話感想!電脳編クライマックス直前!

ドラマ・映画感想
スポンサーリンク

こんばんは。ミーア(@shufumeer)です。

「半沢直樹」ついに今週は逆買収に向けて物語が大きく動き出しましたね。

最後までハラハラして目が離せませんでした。今週も早速感想を書いていきたいと思います。

半沢vs黒崎

今回は、前半から片岡愛之助さん演じる黒崎が飛ばしまくってましたね。相変わらず、ものすごく生き生きしてました。

そして黒崎との対決の場面でついに、スピンオフドラマで初登場したスパイラルの優秀な若手社員の高坂(吉沢亮)が登場して、見せ場がありましたね。

ミーア
ミーア

吉沢亮、相変わらずかっこよかったなあ

コアリン
コアリン

今田美桜と引き続きいい感じっぽい演出もあったしね。スピンオフを見ていた側としてはニヤニヤしたよ。

とはいえ電脳編は来週で終わるみたいなので、吉沢亮の出演はゲスト的な感じで今回限りで終わってしまうのかもしれません。

ミーア
ミーア

黒崎さんは今後も出番があるだろうから、まだ楽しませてくれるかもね。

コアリン
コアリン

黒崎、半沢のこと「直樹」って呼んでたよ。

それにしても、チーム黒崎のパスワード総当たりめっちゃ早かったですね。

それに、紙媒体の粉々の書類を数時間で元通りにしてしまう技術すごすぎだろって思いました。あれって実際にあんなに早くできるんですかね?笑

電脳の子会社の謎

黒崎が取り調べで割とすんなり帰った理由は「狙いは電脳だった」ということは今回、最後のほうで明らかになるわけですが…

電脳の子会社に何かがあるようだというところで終わってしまいましたね。財務諸表に何かヒントがあったようですが、何があるのか私には全く想像がつきませんでした

映っていた映像でなんとなく分かった方がいたらすごいなあと思います。

ミーア
ミーア

読むスピードめっちゃ早かったけど、半沢があれで読み解けたってすごいね。

とにかく、子会社から電脳に逆出向してきた玉置という人が何かを握っていそうということで半沢は玉置を呼び出しましたが、来ませんでした。

おそらく平山社長夫婦に何か口止めをされているんでしょうね。公式HPの次回の予告ではこう書いてありました。

半沢は電脳の収益に不透明な部分があることに気づく。財務担当の玉置(今井明彦)に接触を図るが、彼は口封じのために電脳を追われてしまう。玉置はいったいどこに消えたのか?

玉置さんと半沢たちは次回どのタイミングで接触できるのでしょうか?そして何らかの証拠をつかめるのでしょうか。

料亭の女将さんは怪しい?

あと気になることとしては、半沢は今回、井川遥さんが演じる料亭の女将さんに何か手伝ってもらったようです。それで家に届いた高級な(?)紅茶が一個なくなっていたんでしょうか。

ミーア
ミーア

私、この人は味方だと思っていたけど、実は違ったっていう線はある?

コアリン
コアリン

さあ。どうだろう。確か最初のほうでこの人は東京中央銀行の株を持っているって言ってたよね。何かあるかもね。

もし銀行側の味方だったとしたらびっくりしますが、ただあまり意味なく出演しているキャラとは思えないので、やはり何らかの絡みはありそうですね。

大和田と伊佐山の関係は?

最後、大和田さんと伊佐山さんが会食していたシーンがありましたね。実はこの2人は決別したと見せかけて、グルだったということみたいです。怖いですね。

ただ、ここまではこの2人の筋書き通りになっていたとしても、次回さらなる波乱がありそうです。

ミーア
ミーア

予告ではさらにその大和田さんが裏切られている感じの描写があったから、ますます気になるね。

大和田さんと半沢の因縁対決は一体、これによってどうなるのでしょうか。

大和田さんもそうですが、伊佐山さんはやはり回を増すごとに顔芸というか、パフォーマンスがちょっとずつパワーアップしているような気がします。笑

来週はついに電脳編のクライマックスということで、楽しみですね。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました