UR賃貸住宅の退去査定に立ち会ったので準備と一部始終をレポート【一時査定が来るまで編】

住まい・暮らし
スポンサーリンク

こんにちは。ミーア(@shufumeer)です。

このたび、お世話になったUR賃貸住宅を退去することになったので、謎が多いURの退去査定について詳しくレポートしてみます。

いきなりですが、賃貸住宅の退去の査定って、普通は荷物が全部無くなってから契約最終日に業者に立ち会いを求められてチェックされるというイメージですよね。

でもURは違って、退去の前に、荷物が置いてある状態で査定を行うらしいんです。

コアリン
コアリン

荷物が置いてある状態で??どうやって査定するの???

査定の方法はともかく、退去費用はできるだけ抑えたいですよね。

どんな感じになるのかわからないですが、とにかくなるべく対策していこうと思っていました。

退去の申し出を行う

まずは、退去の申し出をします。ちなみに、URが退去の2週間前に通知すればOKということになっている点はありがたいです。民間の賃貸だったら1ヶ月前、厳しいところならば2ヶ月ほど前に通知しないとダメというルールのところもありますからね。

ミーア
ミーア

すみません。引越しをするので退去の手続きをお願いします。

事務所の方
事務所の方

分かりました。こちらにご記入をお願いします。

URでは退去の際は「賃貸借等契約解除届」を提出することになっていますが、ネット上でダウンロードできたり入居時にあらかじめもらっているものではなく、住んでいる団地の事務所に行って所定の解除届をもらい、その場で書くことになっています。

事前に電話して聞いたところ、身分証明書と印鑑と賃貸契約書を持参して事務所に来るようにということでしたが、私の場合、契約書の提示は求められませんでした。

事務所の方
事務所の方

退去の査定をさせていただく日程はいつにしますか。

ミーア
ミーア

◯日に退去なんですが、その日は夕方に荷物の運び出しが終わるので、◯日の当日中は難しいですか?

いえいえ。査定は事前にしますので当日の立ち会いは不要です

荷物の運び出しが夕方なので、当日17時くらいに査定をお願いできればラッキーだけど、断られたら翌日退去という形になるかな…と思っていたので、予想とは全然違う方向からの回答でした。

URの退去査定方法

当日荷物を運び出して以降の立ち会いは必要なく、退去翌日以降にURが査定に入り、こちらの負担する費用が確定するそうです。

でもそれとは別でURの担当者が査定のポイントとか見るところを事前に説明しに来るとのことでした。

これが一時査定で、説明とはいっても実際に家の中の各箇所を見るらしいので、やはり荷物をほぼ全部片付けて掃除を終えた状態じゃないとダメなのでは?と思って心配になりました。

実際、検索してみると私と同じように事前査定に来られ、その時にここの修繕費用はいくらほど、と具体的に言われたという方を何人か見かけました。

中には、退去までに掃除したらいいと思って見てもらったら、事前査定時に費用が決まったので掃除しておいたらよかった、みたいな声もあったので心配で再度問い合わせしたのですが、やはり事前査定は費用の決定ではなく、査定する箇所の説明なので、わからないことがあれば質問してと言われました。

コアリン
コアリン

本当に説明だけで査定はしないなら、事前に来てもらう意味ってあるのかな

夫が言うように、それならあくまで「説明」であり「査定」ではないのでは?と思ったりしました。退去後の立ち会いがいらないのは助かりますが、どこにどのくらい費用がかかるというのをその場で合意の上というのは難しい制度だなと思いました。

一時査定に向けて事前準備

そういうわけで事前査定は退去の少し前に設定してもらいました。

清掃はした状態ではなくてもいいとは言われましたが、清掃した状態で見てもらって「この程度でいいのか」とチェックしてもらいたかったので、その日までに極力掃除を終わらせるようにしました

URは「原状回復等のご案内」という見開きのパンフレットを作っています。点検の箇所が書いてあったり、お客様負担の例も載っていたので、それを参考にして徹底的に掃除を進めました。

このページの一番下のPDFがちょうどそれと同じものですね。

住まいのしおり(居住のご案内)
独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)...

ちなみに査定は、私の団地では平日しか選べませんでした。

事前査定はパスし、事後査定(URに任せる)だけという選択肢も取れるらしいです。でもその場合は「立ち会いができませんので、この査定を都市再生機構業務受託者に一任し、退去時修理費等負担額の査定について異議を申しません」という項目にチェックしなくてはなりません

なんかさりげなくすごいこと書いてるし「異議を申しません」って、査定結果見ないと異議を申さないかどうかなんてわからないですよね?

ミーア
ミーア

URだし、法外な金額は請求してこないんだろうけど、ちょっとね…

コアリン
コアリン

これに同意しておいて後で10万とか20万とか言われても異議を申さないってことになるもんね。

色々と余裕がある時期だったのでよかったですが、仕事が忙しい時であれば平日休むのも難しいので大変です。

費用が取られそうなところはどこ?

それでは、具体的な対策です。

まず上述のパンフレットやこれまで査定を受けた方のブログなどを参考にして、重点的に掃除したほうが良いと思われる場所を確認していきます。

それをふまえて、お金取られそうだなと思う場所はこんな感じでした。

・フローリングのしみ
・マットを敷いていたところの変色
・お風呂の床の汚れ
・ガスコンロ周りの壁と換気扇(レンジフード)の油汚れ
・シンクの排水溝の汚れ

このへんの清掃費用を取られているケースを多く見かけました。「負担費用は意外と少なかった」と書かれている方もいましたが、URのパンフレットに見逃すことができない一文がありました。

お客様の住まい方や住宅の間取り・広さ等により金額は異なってきます。参考ですが、平成29年度に西日本支社管内のUR賃貸住宅を退去されたお客様の平均金額は約4万6千円でした

コアリン
コアリン

4万6千円?????

ミーア
ミーア

やっぱりあれこれ色んな所で費用取られちゃうんじゃ…(震え)

実際、私は他の賃貸での経験でもお金を取られたことがないので、1万円でもそれ高くない??と思ってしまいます。貧乏性なので。笑

キッチン

一番費用取られそうと思ったのはキッチンでした。排水溝は汚れないようになるべく掃除していたので汚くはないのですが、水垢などは完全には落ちません。

シンクはともかく、問題はガスコンロ周辺ですね。

コンロは経年汚れもありますが、五徳に焦げがついてしまって完全には落ちきってないところがあります。五徳はつけおきして極力落としましたが、ピカピカにはならず、一体どこまで落とせば良いのか…

あとは換気扇です。うちの換気扇はプロペラタイプのもので一見汚れは目立ちませんが、裏側に油汚れがついているのか、ベタベタするので全部取り外して洗いました。汚かったです。

外したあと。
掃除してベタベタがなくなりました

あとはコンロの周りの壁も油汚れはやはりありました。時々拭き取ってはいたのですが、こびりついているものがあるのでセスキ炭酸ソーダをふきかけて念入りにとっていきました。

お風呂

次に苦労したのがお風呂です。

まず床の汚れを念入りに掃除し、ドアの下のパッキンが結構汚れていたのでパッキンを一度外したりして、マジックリンで丁寧に洗いました。

排水溝も念入りに掃除しましたが、奥のほうは届かず、これもまた、どこまできれいにしたらOKなのか…

あと、URのパンフレットを見ていたところ、浴槽のエプロンの裏の汚れでお客様負担になった例が掲載されていて、ちょっとびっくりしました。民間の賃貸ではそこまで点検されたことなかったので…

コアリン
コアリン

ちょっと待って、エプロンって何?

ミーア
ミーア

私も最近まで知らなかった。浴槽のサイドが蓋になっていて外れるの知ってた?そこが汚れていて料金取られた例があるらしいよ。

コアリン
コアリン

え、掃除したことないけど…。こういうところを色々指摘されてしまったら、そりゃ数万請求の例があるのも納得がいくよ

事例に載っているってことは掃除しなきゃダメってことなんだろうなと思ったので、重い腰をあげてエプロンを外しました。結構重いです。ぎっくり腰にならないように注意です。

汚いので画像注意です。最近まで外れること自体知らなかったので引かないでくださいね…(言い訳)。

外した状態(初)
掃除後。

トイレ

続いてトイレです。トイレは別に大した問題はないと思っていたのですが、一つ大きな問題がありました。トイレマットを敷いていたところが明らかに少し色が変わっているのです。

まずいと思って色々な掃除用品を使ってみましたが、薄くなりません。厳しいURさんのことなので、これは指摘されそうでがっくり来ました。

フローリングとその他

フローリングについては、今の部屋のフローリング、本当に汚れが目立ちやすい色で…日々の掃除にも結構苦労してきました。

特にキッチンの下は野菜とか飛び散りやすいので日頃から気をつけていたのですが、汚れを取るのに必死です。細かいところを指摘されてしまうと、料金取られちゃうんじゃないかなと思ってしまいます。

それから、クロスにも汚れというか傷みたいなものはいくつかあります。自分で汚したならまだしも、最初からあるものについて言われたら…という心配はありました。

まとめ

以上、査定準備編でした。とにかく査定に来る方にはあれも聞いて、これも聞こう!と思って備えておきました。

次の記事では実際に査定に来られてからのことを書いていますので、あわせてご覧ください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました