UR賃貸住宅の退去査定に立ち会ったので準備と一部始終をレポート【査定の結果編】

住まい・暮らし
スポンサーリンク

こんばんは。ミーア(@shufumeer)です。

前回、こちらの記事でURの退去にあたって査定の詳細と準備を中心に紹介してきました。

今日はその続きで、いよいよ査定人(?)の方が家に来て一時査定されたときの話、そして最終的な査定結果について書いていきたいと思います

この呼び方が正しいかは知りませんが、以後、査定に来られた方については「査定人」という呼び方にしておきます。笑

査定人、来る

URの査定を受けた方のブログを見ていたところ、査定に来られた方について「人の良さそうな感じだった」と書いている方が複数いらっしゃいました。

そういう方が担当だったんだな、くらいにしか思っていませんでしたが、思わず「あれ?同じ人?」と思ってしまったほど、なんかもう、すごく良い人そうな感じの方が私の所にも来られました。

イメージでは「ここはこういう傷がついてますねえ」とか色々言われて、バトルしなきゃいけないんじゃないかと思って覚悟してたんですよ。笑

事前に言われていた通り、一回目の査定はどこを査定するかのポイントを実際に話すということで、まずは入居時に払っていた敷金の金額と、日割の家賃がいくらなのか改めて教えてもらいました

ミーア
ミーア

言い忘れていましたが、最後の月の家賃は日割りになるところがURのいいところですね。そして最後の月の家賃は敷金から引かれます。

一時査定の時になぜか署名を求められる

一時査定の時点では「こちらが負担する金額があるかどうか」は言われませんでしたし、詳しく見たりしないので「負担金額がいくらになるのか」ということも言われません。

他の方のブログでは負担金額明細のようなものが渡されたケースもあったようですが、当然金額の明細を書いた紙も渡されませんでした

もしかすると以前は一時査定でもある程度しっかり見て決定していて、ここ何年かの間に査定方法の見直しがあったのかもしれません。

とにかく一時査定はざっと説明されるだけと聞いていたので、契約者が署名したりする場面はないんだなと勝手に思っていました。

でも、査定人が来られて各箇所の説明の前に、こんなことを言われました。

査定人
査定人

今日は一時査定になりますが、二次査定については、お客様が退去された日以降に、私一人で入ってやらせていただきます

ミーア
ミーア

はい、わかりました。

査定人
査定人

じゃあ、すみませんがこちらにサインをお願いします。こちらにお名前と、ご印鑑と、今日の日付と…

渡された書類をじーっと見ると、要するに二次査定はURにおまかせしますということと、あと、一字一句はっきりとは覚えていませんが「最終査定の結果が、今回の査定の内容と相違がある可能性があることを了承します」みたいなことも書かれていたんですよ。

ミーア
ミーア

って…ちょっと待てい!!(千鳥の相席食堂風)

査定金額が決定し、明細見て納得した上で「了承しました」のサインや捺印をするのが普通では?

これにサインしてしまうと、どんな結果が出ても、たとえ10万円自己負担です!って言われて異議を唱えても「でもあなたサインしましたよね。了承しましたよね。」で終わってしまいます。

ミーア
ミーア

これ、サインするのは査定が終わってからでもいいですか?まだ金額が決まっていないんですよね

査定人
査定人

えーと、終わってから、となると、査定は退去後査定になるんですが、それを私一人でやらせてもらう、ということになるんですね。それで…

なぜ今サインしないといけないのか聞いてみたものの、いまいちよくわかりませんでした。

「二次査定は立ち会わないのでURだけでお願いするということの了承ですか?」と言ったら「はい」と言われたので(それだけじゃないはずなんだけど)、抵抗ありますって雰囲気を出しながらも嫌々サインしました。

金額が決まってないのに先にって…というニュアンスは伝わったとは思います。普通にサインするよりは、何かあった時に取り合ってもらいやすいだろうし。

でも本当はもっと言えばよかったかもしれません。査定人が良さそうな人だったし、URがむやみに高い金額を請求してくることもなさそうだと思ったので、つい。

コアリン
コアリン

うーん、確かにURが不当な請求をしてくるとは思わないけど、心配だね

各箇所の査定ポイントの説明

先にサインの件があったので、疑いの目マックスで各査定箇所の説明を聞きました。台所で見るポイントは流しとか、ガスコンロとかコンロ周りの壁、換気扇ですね…など、事前に想定していたようなポイントを言っていかれました。

実際の箇所をまわりながら一応実物も見られるのですが、ちなみに「この状態だったら大丈夫です」とか「これはちょっとダメですね」などと向こうから言ってくれるわけではなかったです。笑

排水溝とかフローリングを極力全て見えるように出しておいて「ちなみにこの感じだったらどうですか?」と聞いてみたんですが「うーん、ないとは思いますけど…ちょっと…全部点検したわけではないので、今の段階ではっきりとは…」と明言を避けたい感をぷんぷん出されていました。

コアリン
コアリン

ますますお金取られそうだなあ

ミーア
ミーア

こんなことだったら、コアリンにも立ち会ってほしかったよ…

一時査定だし、わざわざ二人で仕事を休んで立ち会いというのも大げさな気がしましたが、URがどうというよりは、賃貸住宅全般的に退去の立ち会いは複数人で対応のほうがいいかもしれないです。

さらに、料金取られた事例がパンフレットにあったのでお風呂のエプロンの掃除もしたのですが(前回の記事参照)、これでいいか確かめてもらいたくて、外して見せようかなと思っていたんです。

ミーア
ミーア

あの、ここのお風呂の外れるところも点検されるんですよね?

査定人
査定人

ああ、そこはもう、大丈夫ですよ。大変ですし。

「え、それはいいの!?」と心の中で思いました。

査定人はよかれと思って言ってくれたのだと思うのでありがたいのですが、お金取られた事例の人がこんなこと知ったら不公平に思っちゃうよね…って気がして複雑でした(小声)

気になるポイントを確認

最後に、トイレのフローリングにマットをしいていた後のしみでなかなか取れにくいものがあったので、これについてはどう判断するかということを聞いてみました。

ミーア
ミーア

ここの変色を取ろうとしているのですが、なかなか取れなくて。このまま退去までに取れなかったら料金はいくらになりますか?

査定人
査定人

うーん、そうですね。500円くらいですね。

500円と聞いてホッとしたのはホッとしましたが、逆にこういった小さい料金の積み重ねで色々と取られてしまうような気がしたので、掃除ちゃんとしなきゃな…と思いました

さらに、エアコンのついていた穴をふさぐためのスリーブキャップは部品が複数あり、ネジみたいなものもあったので、どれを付けたらいいかわからずに聞いてみたところ、とりあえず全部置いていってくださいと言われました。

「全て自力で元通りにしてもらわないと」とか言われたら困るなと思っていたのですが、こういったことに関しては良心的に対応してくださってありがたかったです。

色々と不安な点を質問し、15分くらいで査定人の方が帰っていかれました。

お金を取られたくない!という方は、一時査定では話を聞くだけではなくてこちらから積極的に質問をするということと、それをふまえてきっちり掃除するということをすれば良いかと思います。

あと、やはり一時査定の前にできる限り掃除をしておいて「この状態ならどうですか」と言って聞くのがおすすめです。さすがに全箇所は聞きませんでしたが、聞いたら答えてくれる感じはしました。

気になる査定結果が届く

退去して5日後くらいに、査定結果が郵便で届きました。

コアリン
コアリン

URから郵便届いてたよ。これって…

ミーア
ミーア

査定結果だ!!開けてみよう

封筒が結構分厚かったので、何が入っているんだろう?と思ってなんだか嫌な予感がしましたが、開けてみたら査定時に撮られた写真が添付されていました。

二次査定は一方的にUR側だけで査定されるのだから当然かもしれませんが、こうやって証拠となる写真を添えてくれるところは良いです。

コアリン
コアリン

えーと…修理費負担額、1644円

ミーア
ミーア

あ、思ってたより安い

では、費用をとられた項目の詳細を紹介していきます。まずはフローリングです。

修理費負担額明細①

・キッチンのフローリング 310円
・廊下のフローリング 310円

キッチンのフローリングはまあ仕方がないかなと思いました。汚れが目立ちやすいフローリングだったので小さなシミが目立ってしまいやすいというのもありましたが、ここはしつこく掃除したものの、いくつか取れにくい感じの汚れもあったんです。

写真にあったシミの中で、日頃掃除してて「これは普通に拭いたら取れるやつなのに見逃してたか…」と思うようなのもありました。チェックが甘かったのも悪いのですが、厳し目だなと思いました。

続いてトイレです。

修理費負担額明細

・便器 552円

便器はちょっとやられたなって感じです。もちろん一通りの掃除はしていて、これならOKだろうと勝手に思い、そこまで神経質にやっていなかったのです。

トイレマットをしいていたところの色の変化について査定人に質問していただけに、取ろうと思ってそこに一生懸命になっていたので、便器についてはあまり注視していませんでした…

でも、どうやら細かい汚れがあったようで、写真では便器に小さいシミが映っていました。

これはまずい!というレベルの汚れは私も掃除している時に気づくはずで、正直これもサッと拭いたら取れそうなものに思えましたが、確かに汚れは写真に映っていたので、仕方ないなと思いました。

そして次が最後です。

修理費負担額明細

・家庭ごみ 10L 323円

ミーア
ミーア

ん?????

コアリン
コアリン

(ギクッ)

引っ越しの荷物を運び出す時、ミーアは先に新居に移動して鍵を開けに行っていたので、旧居ではコアリンに最後のチェックと運び出しの立ち会いをお願いしていました。

何も荷物を残していない状態で鍵を締めたはずが、おそらく最後の掃除で使っていたと思われる拭き掃除用のシートがフローリングに1枚落ちている写真がありました。

ミーア
ミーア

急いでたしね…

コアリン
コアリン

ごめんよ。チェックしたはずなんだけど…

さらに、押し入れの一番上の段に梱包用のプチプチが何枚か残っていたみたいなのですが、それも奥の方にあったのか、2人とも見逃して気がつかなかったみたいです。これだけで処分料300円以上かかってしまうのは痛いですね。

立ち会い査定をすればその時に気がついて持ち帰ることができますが、思いがけない残留物に気づけないのが立ち会いなしのデメリットです

私達もこのようなことがないように準備を進めていたはずなのですが、つい最後のほうでバタバタしてしまい、退去は慌ただしくなって…

ミーア
ミーア

荷物残しのミスだけはしない!と思っていたのにやってしまったよ。こういうのは意外とありがちかもね。

コアリン
コアリン

点検したにも関わらず見落としがあったし、荷物を運んでから少なくとも2回くらいはゆっくり点検したほうがいいね

あと、残留物で言えばシーリングライトのジョイントみたいな天井につける部品も取り外しを忘れかけていました。本体を取り外して終わった気になっていましたが、引っ越し業者さんが教えてくれて助かりました。危なかったです。

査定を終えての感想

思ってたより安いとは言いましたが、民間の賃貸に住んだ時(それぞれ3年や5年住んで退去費用0円)よりもしっかり掃除したつもりなので、安いとはいえ全体的にちょっと査定が厳しいなと思いました

私達の凡ミスもあったのですが、明らかなシミ・汚れとして認識していたのはトイレマットをひいていた部分くらいで、それ以外の箇所は、他社ならば費用負担なしと判断される所もある気がします。

とはいえ、今回請求にあがらなかった部分で多少は目を瞑ってもらった箇所もあったのではないかという気がするし、このくらいの費用はURに住んだ自己負担額としては妥当な範囲だとも思います。

例えば窓のサッシもベランダもコアリンと何回も掃除したのですが、雨風がくるとすぐにまた汚れてしまうんです。一応それについても言っておいたからか分かりませんが、今回請求はありませんでした。

ミーア
ミーア

とにかく掃除はできる限りやったけど、もう少し手を抜いていたら自己負担額1万円くらいにはなっていたかも

コアリン
コアリン

そうだね。敷金がほとんど返ってくるのは本当にうれしいね。

査定結果が送られてくるまで自己負担金額が分からない(のに了承のサインはしている)のは本当にハラハラしましたが、結果的に納得できる良心的な負担額だったのでよかったです。

結果オーライでしたが、負担項目をめぐってトラブルになると双方精神的に疲れるし、万が一不当な請求が来てもクレームを言うのもしんどいので、できればやりたくないですよね。

私は、説明を聞いて大きな負担金額にならない気がしたのでそこまではしませんでしたが、心配な方は事前査定の立ち会いではなく、立ち会いありの事後査定をお願いするのをおすすめします。

最後に

色々と言いましたが、私達のUR賃貸住宅に対する満足度は全体的にとても高いし、感謝しています

民間の賃貸を選ぶ時、不動産会社・仲介業者の対応や家主さんなどのことも気になりますが、URの場合は当たり外れを気にする必要がないですし、費用の割に住宅の設備がよく、様々な対応もある程度しっかりしているので本当におすすめです。

URの良さはこの記事でも紹介していますので、もしよかったらぜひ御覧ください。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました